A8 楽天モーションウィジェットの設定の仕方【Cocoon】

楽天モーションウィジェットのアイキャッチ画像 ブログ
スポンサーリンク

楽天モーションウィジェットの使い方を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

楽天モーションウィジェットとは、楽天ユーザーが過去に検索した内容に即して自動で検索結果を変えてくれるシステムです。

A8だと、自分のページの内容に寄せて表示してくれるとなっています。

ブログの読者さんがこれまでに検索した内容や自分のページの内容に近い商品なら、ついつい気になってクリックして、商品購入・・・という流れもできるかもしれません。

自分でアフィリエイト用の記事を書かなくても、勝手に報酬が発生しているなんてこともあり得ますよね。

アフィリエイトASPに登録したら、ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク

A8での楽天モーションウィジェット

A8楽天モーションウィジェットの使い方A8楽天モーションウィジェットは、A8のトップページを下の方へスライドさせた「Amazon・楽天商品リンク作成」のRakutenをクリックした場所にあります。

Rakutenをクリックすると、1番右側に「モーションウィジェット」があるので、ここをクリックします。

STEP1 条件設定

STEP1の画像

「ランキング」楽天市場の売れ筋ランキングから選んで表示させる
「ページにマッチ」ページ内のテキストにマッチした商品を表示させる

STEP2 掲載設定

STEP2の画像

「画像」か「テキスト」かを選択できます。

「画像」を選択した場合は、いくつかのサイズから選択できるようになっています。

表示サイズ
「記事本文下」
300×160(モバイル用)
728×200(PC用)
「サイドバーの1番下の固定表示」
300×250(パソコン用)

STEP3 詳細設定

STEP3の画像

幾つか選択肢がありますが、全てにチェックを入れて問題ないです。

最後に「この条件で広告リンク作成」ボタンをクリックして、その下に表示されたコードをコピーしてください。

コードの画像

個々の部分を表示させてコピーです。

WordPress(Cocoon)で楽天モーションウィジェットを表示させる

コードをコピーした後は、WordPressでの作業になります。

無料では優秀な「Cocoon」を利用している場合について解説します。

Cocoon以外のテーマを使用していても、ウジェット画面から設定することができるはずです。ウィジェット設定を探して、同じように設定してみてくださいね。

今回設定した楽天モーションウィジェットの場所は、「記事本文下」と「サイドバーの一番下」です。

左側が「記事本文下」で、右側が「サイドバーの一番下」になります。

表示場所の画像

設定方法

WordPressのダッシュボードにあるメニューの「外観」→「ウィジェット」を選択します。

ここのウィジェット選択で、「投稿本文下」と「サイドバー追尾」を利用して、広告を貼り付けていきます。

「投稿本文下」

Cocoonで設定するときは、ウィジェット画面の右側にある「投稿本文下」のタブを開きます。開き方は「投稿本文下」のタブの▼を押します。

そこの点線の四角の中に、左側の選択できる「選択できるウィジェット」から「広告(モバイル用」」と「広告(PD用)」をドラッグして追加します。

追加して、さらにそれぞれの▼を押すとコピペする枠が表示されますので、そこに、先ほどコピーしたコードを貼り付けます。

ウィジェットページの画像

サイズは

300×160(モバイル用)
728×200(PC用)

右下の「保存」を押したのち、左側に出る「完了」をクリックします。

モバイル用・PC用ともに同じ作業を行います。もちろん、サイズが違いますので、その都度A8のサイトからコードを取得してくださいね。

「サイドバースクロール追従」

先ほどの「投稿本文下」と同様に「サイドバースクロール追従」にも設定します。今回のサイズは次の通りです。

300×250(サイドバー用)

同じようにコードを貼り付けて、「保存」→「完了」で終了です。

サイドバー追従は、サイドバーの内容が終わっても追従してその内容を表示し続けてくれます。

BLOGのサイドバーが短くても、最後まで表示してくれますので、もしかしたら記事を読みながら気になる商品があればクリックして購入してくれるかもしれません。

楽天モーションウィジェットのメリット

楽天モーションウィジェットは自分のページに合わせたり、総合ランキングが高い商品を自動的に表示してくれます。(楽天からだとユーザーにも合わせてくれる)

わざわざ自分でアフィリエイトの申請等を行わなくても、読者のための商品を表示してくれるということです。

楽天モーションウィジェットでは、クリックだけでは報酬になることはありませんが、気になる商品や関連商品などで「買ってみよう」と思ってもらえるかもしれません。そうすると、意図せずに売り上げになるということになります。

そのクリックから購入になれば、自分の成果になるということです。

売り込まずに成果が出れば、ラッキーですよね。

まとめ

今回は、自分から売り込むことなく成果が得られるかもしれない「楽天モーションウィジェット」の紹介をしました。

ラッキーで成果がでてくれるといいですよね。

楽天ユーザーは4000万人を超えているそうです。これだけのユーザーが安心して購入している楽天を利用するのは、ユーザーにとっても購入ハードルが低いといえるでしょう。

楽天モーションウィジェットをぜひ取り入れてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ
スポンサーリンク
petitBLOGをフォローする
PetitBLOG
タイトルとURLをコピーしました