「超える」と「越える」の違いを見分ける2つのポイント

「越える」と「超える」のアイキャッチ画像 言葉
スポンサーリンク

こんにちは。petitです。

「こえる」という言葉には、「超える」と「越える」の2つの漢字があります。それぞれ、どのような時に使う漢字なのでしょうか?

この2つの漢字は、ほぼ同じような意味を持っていて、使い分けるのが難しい種類の漢字です。

そんな2つの漢字ですが、2つのポイントを押さえれば使い分けることができます。

その2つのポイントは

①上回るか通り過ぎるか
②数値か移動か

この2つのポイントを理解しておけば、2つの漢字を使い分けることが可能です。

では、早速「超える」と「越える」の違いを解説していきましょう。

スポンサーリンク

「超える」

超えるの画像

「超える」は、ある一定の数値や基準、限度を上回ることを意味しています。

「超える」の「超」という漢字は、ある一定の数値や基準、限度をこえることや、程度が特に極端なことという意味をもっています。

だから、「超える」を使う場合は、ある一定の数値を上回る時に使えば良いということになります。

ポイントはコレです。

数値を上回る

数字が出てきた時には、基本的に「超える」を使えば間違いありません。

また、ある基準よりも上方向へ変化した場合も、基本的に「超える」を使用します。「超える」を「上に行く」や「上回る」といった言葉に言い換えても意味が通る場合に「超える」を使用すればいいということです。

「超える」の例文

・パンデミックにより、、10兆円を超える資金を投下した。
・スカイツリーは、この街で一番高いビルを超える予定です。
・残りの30人で、定員を超えてしまいます。
・残業が、80時間を超えると、診断が必要になる。
・この事件は、私の理解を超えている。
・想像をはるかに超えた怪獣が現れた。

「超」を使った熟語

超越・超過・超満員・超高層

「越える」

越える画像

「越える」は、場所や時間、ある点などを通り過ぎて移動するという意味があります。

「越える」の「越」という漢字は、ある地点・時の境をこえることや、物事の範囲・程度をこえることを意味しています。

だから、「越える」を使う場合には、場所や時間を通り過ぎて移動する時に使えば良いことになります。

ポイントはコレです

通り過ぎて移動する

あるラインを過ぎて移動する意味合いがある場合は「越える」を使えば間違いありません。

通り過ぎるのですから、移動の方向は横方向になります。

イメージとしては、「超える」の縦方向への移動に対して、「越える」は横方向への移動ということになります。

これが、「上回る」か「通り過ぎる」かの違いということになります。

「越える」の例文

・ここを乗り越えれば、楽になりそうだ。
・立場の垣根を越えて、計画を立てる。
・これで、今年も年を越せそうだ。
・その決断は、リーダーの権限を越えています。
・今場所はひいきの力士が勝ち越して安心した。

「越」を使った熟語

越境・越冬・卓越・優越・越権行為

まとめ

まとめの画像

「超える」と「越える」の違いは、NHKの放送文化研究所にも、次のように使い分けについて解説されています。


「越える」と「超える」の使い分けについては、第1121回放送用語委員会(平成5年2月12日)で審議され、放送では、以下のように使い分けることにしています。

越える・越す

(意味)

場所・時間・点などを過ぎて向こうへ行く。移る。

(用例)

勝ち越す、権限を越える、頭上を越す、峠を越える(越す)、年を越す、飛び越す、乗り越える、引っ越す、見越す、持ち越す、冬を越す、ラインを越える、60の坂を越える

超える・超す

(意味)

ある一定の数量・基準・限度などを上回る。超越する。抜きんでる。

(用例)

1万円を超える額、基準を超える、子どもが親を超える、人口が100万を超える、制限重量を超す、定員を超える、党派を超える、人間の能力を超える、予想を超える

傾向として、抽象的なものには、「超」があてはまることが多いようです。また、一般的に「勝ち越す」「乗り越える」などのように他の動詞と複合する場合は「越」になります。

NHK放送文化研究所より

簡単にまとめると、次のようになりますね。

「超える」ある一定の数量・限度などを上回る
「越える」場所・時間などを過ぎて向こうへ行く

ポイントは2つ。

①上回るか通り過ぎるか
②数値か移動か

この2つを意識して使い分ければ問題はありません。もちろん例外はありますが、よっぽどずれることはありませんよ。

 それでは、また。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
言葉
スポンサーリンク
petitBLOGをフォローする
PetitBLOG
タイトルとURLをコピーしました